綿棒浣腸の仕方

トップページ > 綿棒浣腸の仕方

綿棒浣腸の仕方

赤ちゃんでも便秘になってしまうことがありますが、その赤ちゃんの便秘を改善するために有効な方法として『綿棒浣腸』が挙げられます。

 

赤ちゃんのお尻に綿棒を挿入するので、少しためらってしまうと思いますが、きちんとした手順を踏めば平気です。この綿棒浣腸はすぐに効果を発揮する方法で、赤ちゃんの便が勢いよく出ることがあります。そのため、綿棒浣腸をするときには、下に新聞紙などを敷いてから行ってください。

 

綿棒浣腸の手順ですが、綿棒の先にベビーオイルやローションを塗っておきます。ベビーオイルやローションがないような場合には、オリーブオイルで代用しましょう。綿棒を赤ちゃんの肛門に挿入するときですが、綿棒を2センチほど挿入して、円を描くように動かします。これが綿棒浣腸の手順となります。

 

この綿棒浣腸は即効性がある方法ですが、すぐに便が出ない赤ちゃんもなかにいます。しかし、浣腸をしてから少し経てば便が出てくることと思います。そのため、すぐに出ないからといって何度も行わないようにしましょう。

 

綿棒の先に血が付いてしまった場合には、それ以上行うと悪化させてしまうので、浣腸は止めるようにしましょう。次の日も血が出ている場合には、肛門を傷つけていることが考えられます。その場合には、早急に病院を受診するようにしましょう。