ホルモンバランスを改善し美肌を目指す

トップページ > ホルモンバランスを改善し美肌を目指す

ホルモンバランスを改善し美肌を目指す

肌の状態をきれいにしていくためには、適度に体を動かしたり睡眠をすることが大切だとされているのですが、これはホルモンバランスを正常にするためです。ホルモンバランスが整っていなかったら、いくらスキンケアなどをしていたとしても、思ったように肌をキレイにすることは出来ません。

 

そのホルモンバランスを整えるためにも、普段の生活を見直すように意識をしてみてください。女性ホルモンというのは、プロゲステロンとエストロゲンの2つのホルモンがあります。あまり寝ていない場合、または睡眠時間が不規則になってしまっている場合、エストロゲンが分泌されにくくなってしまいます。このエストロゲンというのは、肌のコンディションを整えるために必要なホルモンになっています。

 

睡眠不足になってしまっていると、あまり化粧のノリが良くなくなってしまうのですが、これはエストロゲンの分泌量が減ってしまっているからなのです。

 

睡眠というのは、深く眠っているノンレム睡眠と浅く眠っているレム睡眠が繰り返し行われています。ノンレム睡眠から睡眠というのは始まるのですが、このときに成長ホルモンが活発に分泌されていきます。この成長ホルモンによって、肌のターンオーバーを促すホルモンが分泌されているのです。

 

成長ホルモンというのは、睡眠が始まってから3時間くらいで分泌されるようになります。ですので、睡眠をしてから3時間立つまでの間に深く眠ることが出来れば、それだけ成長ホルモンも分泌されやすくなるということになります。

 

ですから、睡眠を始めて、ノンレム睡眠に突入するまで起きないようにしましょう。そのためにも、光や気温などで起きてしまわないように対策をしておくことも大切です。

 

この他にも、最近は携帯電話を枕元において寝ているという人もいますが、バイブレーションによって起きてしまうこともあるでしょう。ですから、枕元には置かないようにしたり電源を切るなどといった対策をしておいたほうがいいでしょう。

 

ちなみに成長ホルモンというのは、寝ているときだけホルモンが分泌されているわけではありません。運動をして、筋肉に刺激を与えるようにすれば、運動をして大体30分くらいで成長ホルモンが活発に分泌されるようになります

 

ですので、普段から運動をしている人というのは、肌にハリが出やすくなっているものです。さすがに運動選手のように激しい運動をするのは難しいでしょうが、簡単なストレッチや昇降運動などをするだけでも筋肉を動かすことが出来ますので、成長ホルモンの分泌を促すことが出来ます。